7月13日 コーパスクリスティ旅行計画

水族館でイルカもポーズを取ってくれました。

 

みなさま、ご無沙汰しています。

一ヶ月近くもブログから離れてしまっていました。

コメントにメッセージなども頂いてありがとうございました。ご心配をおかけしましたが、元気です。

息子の学校の学年カレンダーを入手したので、そして、もうすぐ母と甥っ子が日本からやってくるので旅行の計画を立てたり、知り合いの旅行に合わせて空港の送り迎えなど諸用が増え落ち着いて座る時間から遠のいていました。とは言え、うたた寝💤は欠かさなかったので、ブログに向き合えなかったのは、ぐうたらしていたせいでも有ります。

本当は書きたい事があるのですが、それを書こうかどうしようか迷い中、頭の中だけが忙しくなって結論が出なくて一ヶ月も経ってしまいました。これは少し寝かせてから書こうと思います。他にも毎日書きたいことが浮かんではいましたが、書かないでいると忘れてしまいますね、またぼちぼちと書き始めますのでよろしくお願いします。

コーパスクリスティではイルカも泳いでいます。

この夏のフロリダへの長期キャンプは夫の白内障の術後の経過を見て、延期しました。回復は微々たるものですがしているようなので、このまま良くなってくれればと思っている処です。回復が止まってしまうと痛い思いをしたのに、そして高い金額を支払った甲斐がなくなってしまうので、なんとかもっと見えるようになって欲しい処です。

母と甥っ子が来ている間にコーパスクリスティ(サウスパドレアイランド)へ行こうと思います。何故、コーパスクリスティなのかと言うと、この時期(6月から8月中旬まで)海亀の赤ちゃんが産まれて海に戻って行くのを見ることが出来るようなのです。一昨年の冬にメキシコで一ヶ月違いでタイミングを逃してしまったので、ここでリベンジができそうです。

www.nps.gov

これは絶対に見れる保証はなく、卵があって孵るタイミングが会えば、なので、行っても立ち会えないかもしれません。前日だったか当日の朝にわかるらしいので、ダメ元で行ってきます。

海亀が見られなくても、海水浴ができる〜と呑気にしていたら、ハリケーンのせいでサメが膝丈の浅い場所にも出没し人が襲われているらしいので、海水浴も見送らなくてはならないかもしれません。コーパスクリスティだけでなく、ガルベストンやルイジアナ、フロリダまでのメキシコ湾に面している浅瀬に出没しているようなので、要注意です。

初めての長期キャンプがコーパスクリスティでした。ここには水族館、美術館、戦艦などが有り、子連れ旅行には良いと思います。ビーチには春から初夏にかけて学生が集まってくるようです。

過去のコーパスクリスティでのキャンプの様子はこちらをお読みください。

zigzagdog.hatenablog.com

zigzagdog.hatenablog.com

zigzagdog.hatenablog.com

zigzagdog.hatenablog.com

この夏のコーパスクリスティ(サウスパドレアイランド)への旅行の様子は8月中旬に書く予定です。

今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

6月17日 眼科検診してきました。

ワッフルも冷めちゃってバターも溶けてませんが、嬉しい朝ごはんでした。

 

昨日は父の日で、今年は息子がワッフルを焼いて朝ごはんを用意してくれました。来年は1人で片付けもしてくれるともっと嬉しいな。

息子を疲れさせるためにプールへも行きます。

 

夫はまだ運動をしてはいけないので、週末も家で大人しくしていました。重たい物を持つのもダメなので、ちょっと不便です〜。

今日の待合室でのおやつです。

 

今朝は白内障手術のフォローアップのフォローアップに行ってきました。

炎症は治ってきているそうで一安心です。ご心配頂いてありがとうございました。

見え方はわずかに良くはなっているようです。ただ、手術前のほうが見えていたそうなので、効果が出るのはまだまだ先のようです。

次は26日に行ってきます。

それまでには視界もクリアーになっていますように。

6月16日 Gについて(写真も絵も載せません、ご安心ください)

夏が近づくと活動が活発になるG(すみません、怖くてフルネームでは書けません、お察しください)についてのブログが多くみられます。

アパートの管理をしていて自分なりの経験からの特性を書いてみようと思います。何かの役に立てるかもしれません。多分、立てないと思いますが。。。

私自身、Gの話を聞くだけでも卒倒してしまいそうなので、写真などは載せません。なので、どうぞ、最後までお付き合いください。

GにはGとそうで無いものと2種類あるってテキサスに来て初めて知りました。

何を言ってるのか意味不明ですね。でも皆さんがGだと思っている物が実はGではないかもしれません。

この辺りではGはコックローチを略してローチと呼ばれています。

GはG、そしてGと思われているものはGほど汚くなく、本当は害のないものらしいです。

Gで無いものはアメリカでは(テキサスだけかな?)ジャーマンローチと呼ばれています。ドイツ人の友達はドイツでは一度もGを見た事がなかった!なのに、ジャーマンとつけるなんて酷い!と怒って居ました。私も日本を出てからは自宅ではGを見たことがありません。

日本には本来Gは生息していなくて明治あたりに貿易船などの船に乗ってやってきたのだと新聞で読んだ事があります。なので火アリを1匹、2匹ぐらい見つけて大騒ぎして、今それを港で防いでくれているのは、大事な事なんだと思いました。その昔、Gは防げなかったのですね、きっと。

火アリも北アメリカにも居なかったものを船に入ってやってきて、気づいたら在来種を駆逐して北アメリカを乗っ取ってしまっていたのでした。

話がそれてすみません。私のブログはタダでさえ長いのに。

Gは茶色くて小さめ、油などを好み、暖かいところに住み着きます。キッチンなど換気扇の油なんかを好み、冷蔵庫の裏のモーター辺りの暖かい所に巣を作ったりします。一度住み付かれると厄介です。こちらでは業者がきてくれますが、増えすぎるとマンションなどでは隣や上下の階にまで出没します。まずはGの好む物を排除して綺麗にしていることが大切です。

家が汚れていてもGが住み付かないアパートがありました。そこには猫がいたのです。猫に襲われる危険があるので住みつかず、台所で食事を済ませたらさっさと隣近所に退散しました。なので、当の本人達は隣近所に迷惑をかけていることには気づかず、その家族が引っ越して行った後にはGの被害は無くなりました。

Gには特有の匂いがあるらしいです。ちょっと甘めの匂いで、同僚は玄関でその家にGがいるかどうかを嗅ぎわけられるそうです。引っ越し荷物からの匂いで、家族と一緒にローチも引っ越して来たことをよく指摘していました。

前の上司はオフィスにGが出るとやっつけてくれる頼もしい上司でした。出たのは1回だけでしたけど。。。でも、そのあとの匂いを嗅ぐのが好きなのだそうで、そこはドン引きです。

そして、Gと思われているであろうジャーマンローチ、これはGより黒くて大きくなります。8cmぐらいまで大きくなります。背中に線があるらしく分かる人にはわかるらしいのですが、そこまで見入ることができないので、良くはわかりません。これは湿ったところを好んで住みつきます。家の周りの湿った所、キッチンやバスルームのシンク、バスタブなどが漏れている場合などです。害虫を食べてくれるらしく、家の中で頻繁に見る場合は水漏れを疑ってみると良いです。水漏れを治すと居なくなると思います。

他に書きたい事は沢山有るのに、Gの話で恐縮です。でも、Gもジャーマンローチも居なければそれが一番です。どちらも怖い。万が一水漏れを注意するだけで居なくなってくれるなら〜と思い書いてみました。最後までお付き合い頂きありがとうございました。

6月14日 もしかして。。。

今日の待合室はテーブルがありました。

 

こんにちは。

初めに懺悔です。昨日は疲れて昼寝を2回もしてしまいました。。。息子のテコンドーもサボりました。

今日は午前中に夫の術後のフォローアップ検診に行き、普通ならこれで終わりのはずなのですが。。。

夫は痛み止めを4、5時間置きに飲んでいました。

今朝は先に起きて朝ごはんも食べ終えていたので元気になった〜と安心したのですが、残念ながら期待していたほどの効果が見られませんでした。

翌朝にはスッキリ見えている人も居ると言うのに、夫は手術前より悪くて、物が何重にも見え濁って全然見えないのだそうです。

こんなに痛い思いをして、大金を叩いて失敗かもしれない?怒りと不安が込み上げてきますが、とにかくはお医者さんに診てもらって、聞いてきました。

瞼が目の傷口を刺激して開いて空気が入ったのか、傷口をカバーするためにコンタクトレンズを入れてもらい、目薬を処方されました。

たまに、こういう人も居るのだそうです。たまに。

昨日の待合室での大入り具合を見るとお医者さんにとっては流れ作業みたいなもの、芋洗い状態で雑になりメスを入れる口がずれちゃう人もいそうよね〜、と思ってしまいました。

瞼が傷口を刺激するなんて計算のうちでしょう、それを考えて切り口を決めているんじゃないの〜?違うの?と素人はそう思います。

今日は金曜日なので、月曜日の朝にもう一度行って診てもらうことになりました。明日じゃなくて良いのか?と何から何まで疑わしい。

あとは神頼みです。

回復までは時間がかかりそうですが、せめて月曜までには効果が見られますように。

6月13日 無事に終わりました。

患者の付き添い用にスナックが用意されていました。

夫の白内障の手術が無事に終わりました。

ご心配いただいてありがとうございました。

朝7時過ぎに手術センターに入り受付を済ませて待っていると予定より30分ほど遅れで名前を呼ばれた夫だけがテクテクと中に入っていきました。

息子は前日から友達の家にでも泊まりに行かせようかとも思ったのですが、前日や当日に色々と面倒だと思ったので一緒に連れて行きました。

早く遊べるように頑張ってます。

前日にバックパックにお菓子、iPad、勉強道具、本、おもちゃを詰め込んで用意万端で、そんなに遊べる時間あるのかな、と思うぐらい詰め込んでいました。

かくいう私もiPadにおやつ、水のボトルを詰め込みバッグが肩に食い込みます。

幸い待合室には腰掛け椅子の他にデスクと椅子が並んでいて、デスクを息子と並んで取りました。

意外に快適な待合室でした。

 

WiFiも自由に使わせてくれて、綺麗なおトイレもあるし、おトイレから出てくると冷蔵庫にお水のボトルとテーブルにはスナック菓子が並んでいました。気が利いてます。本のない図書館みたいでした。

小さな手術センターですが、どんどん人が入ってきます。付き添いは待合室で待機しているように指示が出ているので、1人でいる人を数えると夫の7時15分受付の時点で5、6人が既に中にいるようでした。待合室には他にも七組ほどいました。

1日で何十人と手術するのでしょう。こうなると流れ作業みたいですね。

息子には書き方とコミックを書かせ、おやつを食べながらiPadでゲーム三昧でした。

時々、うまくいっていますように〜と祈り、iPadでみなさんのブログを読ませて頂きました。時には吹いちゃったりしながら心配な気もちを紛らわせました。待合室で笑っちゃって不謹慎だったかな。

と、ちょうど2時間で、中の人から夫が帰る用意が出来たので車を入り口に横付けするように指示されます。

どこにいても砂場かLEGOiPadがあれば楽しめます。

夢中で遊んでいる息子に片付けさせ車に乗り込もうとすると車椅子で押されて出てくる夫が見えました。

まだ麻酔が効いていて、透明のアイパッチがされていて、ちょっと痛々しい感じです。帰り道も結構凸凹で痛みに響きませんように〜と思いながら帰りました。10時過ぎには家につき、一安心です。

心配だったランドスケープも来る前に家に入ることが出来ました。今の処、くしゃみも出ていません。くしゃみひとつでこの努力が無駄になるなら病院で一晩預かってくれれば良いのに。

お昼ばベッドで食べられるようにサンドイッチとジュースにしました。

痛みが出てきたので痛み止めを飲み休んでいますが、読書もテレビも禁止されているのでかなり退屈になりそうです。

明日にはフォローアップでお医者さんのチェックがあります。アイパッチも外して良いそうなので、あとは手術の効果が現れて、くっきり見えるようになっているのを祈るばかりです。くれぐれもくしゃみをしませんように。

6月13日 夫の白内障の手術

本文とは関係ありませんがニューメキシコの夕日です。

 

明日の朝、夫が白内障の手術を受けます。

白内障の他にレンズを入れてコンタクトやメガネをしなくても良いようになるらしいです。

朝6時45分に出発して病院に向かいます。

左目だけなので、手術自体は2時間もあれば終わるらしく、お昼頃には家に戻っているはずです。

知り合いの誰に聞いても、もっと早くやっておけば良かったと思うぐらい良く見えるようになるらしく、終わってしまえば同じ気持ちになっているのだと思いますが、今は少し心配です。

注意書きに、手術後は2、3日はくしゃみや咳をしては行けないと書いてあります。これが一番心配です。何故なら、明日はランドスケープの人たちが来て草刈りをするので鼻がむずむずしそうなのです。

しばらくは重たい物を持つのも、運動もしては行けない、家で大人しくして、3週間は泳ぐのもダメなのだそうです。

終わってしまえば大したことないのかもしれませんが、ちょっと面倒くさそうです。

夫は私の精神安定剤です。

ちょっと不安な気持ちになったとき、ふっと手を握ってくれたりします。何でわかるんだろうというタイミングです。

怒りたい気持ちになったとき、何考えてるの?って聞いてくれて我に返らせてくれたりします。多分、引き寄せの法則で、私の怒りたい気持ちが、悪い誰かのことを考えさせたり、誰かの愚痴を聞くハメになったりさせるのでしょう。そういう瞬間に、私の気持ちを逸らせてくれます。

有難い存在です。

明日の手術が無事に済んで、よく見えるようになりますように。

でも見えすぎて私が老けて見えちゃったらどうしましょう。。。そこだけ成功しませんように。私の顔は適度に見えればOKです。って、それでは手術をする意味がなくなっちゃうかしら。

6月11日 ガルベストンRVパークと往復の課題

RVパーク内の綺麗な綺麗なランドリー

 

RVトレーラーでのガルベストン旅行が恒例になりました。

今年で3年目です。

1年目はDella Neraに、去年はJamaica  Beach、今年はStella  Mareという所に泊まりました。

Della Neraはビーチ沿いに在り、道路を渡ることなく海に入れましたが、プールはありません。予約は電話でしか受け付けてくれません。なので支払いも電話です。こじんまりとしたRVパークで、ビーチでの散歩などが気軽にできるのが嬉しいです。

www.visitgalveston.com

Jamaica BeachはWebサイトから空きを調べることも予約もできました。海に入るには車で行かなくてはなりませんでした。2箇所もプールがあって、流れるプールで毎日楽しませて貰いました。でも、プールの水は茶色。。。外を歩いた足でそのまま入る子が多量に居るのでしょう。ランドリーはぐるりと建物を回るように上がって行き、3階なので、ちょっと面倒でした。

jamaicabeachrvresort.com

今年のStella Mareも同じく小さなプールがありますが、海に入るには車で行かなくてはなりません。

www.stellamarervresort.com

設備はここが一番綺麗です。清潔です。RVパークにありがちなランドリールームやシャワーにカビが生えているとか、汚れが取りきれて居なくて埃が積もり積もっていると言うこともなく、綺麗でした。

RVパークでは初めて此処ならシャワーを浴びても良いかなと思えるほど清潔にされて居ました。

RVパークにありがちなランドリールームはエアコンが壊れてそのまま、という事もなくキンキンに冷えていました。アプリケーションを使って支払いもできるようで小銭がなくても支払いに困らないようにもなっていましたが、残念ながらうまく作動していませんでした。残念。

綺麗なシャワールーム

トレーラーを停めるサイトもコンクリートで平行に簡単にできましたし、雑草が生えて居ません。ただ、蚊は居ます、残念ながら。

サイトが整備されていて気持ち良いです。

 

私的には此処が一番好きですが、やっぱり海に入るのに車に乗らなくてはならないと、車の中が砂だらけになって帰ってからの掃除が大変なので、あと何箇所か気になっているRVパークに廻り切って他に好きな所が見つからなければ将来的にはDella  Neraに戻ろうと思います。

 

課題は往復の途中に泊まるRVサイト探しです。家からガルベストンまではトレーラーを引っ張っていくと6時間半ぐらいなので頑張れば1日で行けない事もないのですが、安全の為、途中で一泊します。。

ハイウェイ沿いのRVパークは手入れがされていない事が多く、雨が降ったりするとぬかるんだり、草むらの中に停めるような感じになります。

また、そこに住んでいるような人達も多く居てトレーラーが錆びていたり、タイヤがなくてレンガや木の板の上にトレーラーが乗せられていたり、ちょっと近寄りたくない感じの場所が多いです。

去年はステートパークに泊まりましたが、そこが一番安心できるような気がします。

今年はガルベストンへ行くのをギリギリに決めたのでステートパークは空いて居ませんでした。

サイトが雨でぬかるんでいました。

 

今回はYellow Roseという名前で決めました。ハイウェイ沿いにありましたが、名前から素敵そうだったので決めてしまって、着いてすぐに後悔しました。

受付のオフィスと思われる小屋は錆錆のボロボロ、ドアを開けたら管理人さんの居間になっていて、家具も古くて汚れた感じが見えました。

サイトも一っ箇所だけコンクリートになっている場所を当ててくれましたが、コンクリートは粉々と言っても大袈裟ではないほどに割れていて、砂利と変わらないぐらいでした。

草もボウボウに生えています。

往復で取ってしまっていたので、帰りもそこを使うと思うと気が重たく、せっかくの旅行気分がトーンダウンしてしまいました。過去には住民がトレーラーの外で揉めている事もあり、これからはハイウェイ沿いのRVパークは避けて少し離れた所にあるリゾート系のRVパークを探そうと思いました。

過去のちょっと怖かった記事はこちらです。良かったら読んでください。

zigzagdog.hatenablog.com